業務紹介

ビッグデータの応用

一、電子商取引
電子商取引は業界初ビッグデータを利用して、マーケティングを行う業界です。お客様の消費習慣に基づき、前もって生産資料や物流などを管理して、精細な社会生産に役立っています。データは集中されて、量が大きくて、種類が多いため、未来には、より多くの想像空間があり、流行のトレンドの予測、消費傾向、地域消費の特徴、消費習慣、各種消費行為の関連度、ポイント、消費に影響する重要な要素などを含めます。

二、金融
ビッグデータは、金融業界の応用范囲が広がっています。現在、多くの株式取引がビッグデータに基づき計算行われていて、ソーシャルメディアやウェブサイトのニュースも参考することで、数秒内に購入するか、売るか判断しております。

三、医療

医療データ
医療データは主に、患者の受診、臨床研究&科学研究、生命科学、医療備品など4つの方面より収集しています。

  • ・患者の受診データ:患者を中心にして、データを収集します。患者の説明、体徴データ、診察データ、入院データ、医者からの問診データ、臨床治療、用薬、手術などのデータを含みます。
  • ・臨床研究&科学研究データ:主に実験で集まったデータですが、患者によるデータも含めます。
  • ・生命科学データ:主に実験で集まったデータですが、薬に関わる目安量、飲む時間、成分、実験対象の反応時間、症状の改善イデア、及び生命科学などのデータも含めます。
  • ・医療備品データ:様々な医療備品(ブレスレット、ペースメーカー、メガネなど)で人体の各種体徴データを収集します。

四、交通
現在、交通産業のビッグデータアプリケーションは、主に2つの側面であります。一つは、ビックデータセンサデータを利用して車の通行密度を把握し、合理的な道路計画を実施することができます。もう一つは、ビックデータを利用してインスタント信号の配置を行って、従来の回線の運行能力を向上させることができます。科学的な信号の配置は複雑的な工程であり、ビッグデータを利用して、比較的合理的な案を算出しなければなりません。中国では、科学的な信号の配置により、既存道路の通行能力を30%高める事例があります。アメリカでは、ある区間の交通事故情報によって信号を増設し、50 %以上の交通事故を下げました。航空会社はビッグデータを利用して、乗車率を高め、コストを下げています。鉄道会社はビッグデータを利用して、旅客と貨物電車を有効的に配置し、効率を高め、コストを下げることができます。

五、コミュニケーション産業
1、洗練されたマーケティング
インターネット時代、データベースに基づいたビジネスインテリジェンス応用は、運営側に巨大価値を創造します。ビッグデータのマイニングと処理により、ユーザーエクスペリエンスを向上及びタイムリーで正確なビジネス推奨と顧客ケアを行うことができます。
2、インターネット技術は常に進化しており、ネットワークベースのシグナリングデータも増加しています。これは運営側に巨大な挑戦をもたらします。ネットワークサービスの品質を継続的に改善することで、顧客のストレージニーズを満たすことが可能になります。
3、コミュニケーション産業のビッグデータは、現在金融業界の与信領域に活用されます。
4、ビッグデータの時代にて、データボリュームとデータ生成方式も大きな変化されてあり、運営会社の把握した情報はより全面、豊かであり、運営側へ新たなビジネスチャンスをもたらします。現在運営会社の把握した情報はモバイルユーザー情報、ローカル情報、与信情報など。
5、当社代行マイニング
ビッグデータ時代において、運営側において、如何にビッグデータを有効的に活用できるかが課題となります。伝統的な経営分析システムは新たな挑戦に向かっており、運営側において、如何にビッグデータを有効的に活用できるかが課題となります。弊社へお任せるメリットは、設備の購入と人材の手配は当社の手配です。

六、小売業
企業において、新規市場の開拓にあたり、巨大なヒューマンリソース、タイムが必要となります。市場の位置づけが不正確、または偏差がある場合、投資側と企業様において、予見できない損失を与えます。小売業界の市場開拓において、市場位置づけの勝敗が重要なポインです。市場位置づけの正確性を確保するためには、大量生データの研究、分析できる人材が必要となります。

データ使用場面:

AI(人工知能)交通データの応用
通行映像収集、道路情報抽出、障碍物、信号、車道ランプ及び高精地図を含みます。歩行者識別、車両識別、信号認識、車道線識別などの技術に、精密のデータを提供し、AI交通を保全します。

顔識別データの応用
多年齢層、多角度、多表情、多光線の人の顔の画像を収集して、人の顔のキー情報のアノテーションを通じて、人の顔の識別技術にデータの保障を提供します。

電子商取引データの応用
商品情報、商品販売量、ユーザー评価などさまざまな電子商取引データを収集、分析します。最も真実の商品販売データとユーザーのフィードバックを提供して、お客様が取引市場をより良く理解できます。

知能音声の応用
世界中主な言語資料の収集、音声内容の処理、性別の判断、感情の判断、音声を文字に変換などを含みます。音声識別(ASR)、音声合成(TTS)などに高品質の音声データを提供して、お客様の知能設備がユーザーの本音を聞き取れるようにします。

OCRデータの応用
ナンバープレート、宝くじ、名刺、身分証明書、銀行カード、手書きの軌跡など様々な画像及び内容を抽出します。知能設備の多シーン文字の識別精度を高めます。お客様の製品は目標情報を正確的に抽出し、識別できます。

お問い合わせ

  • 本社 86-411-3989-5558
  • 東京支社 050-5539-8972